ファッション

「DVF」が新宿で“見てすぐ買える”ショー

 NY発の「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」(以下、DVF)は3月18日、現在販売中の2017年春夏商品のファッションショーを東京・新宿のルミネ ゼロで開催した。ジョナサン・サンダースによる初の春夏コレクションとして、昨年9月にニューヨークで披露された商品を、東京ではスイムウエアとビーチウエアの“サン(SUN)”コレクションをミックスして発表した。

 来場したのは「DVF」とルミネ顧客の約200人と、インフルエンサーやプレス関係者。ショー中、顧客はスマートフォンを取り出して、撮影をしながら、「かわいい!」「欲しい」などの声を上げていた。

 ショーの様子は、新宿ルミネのデジタルサイネージをジャックして同時配信された他、動画配信サイト「フレッシュ!(FRESH!)」でも公開された。公式ECサイトでは、当日限り3000円オフになるクーポンコードを発行した。

 神戸からショーを見に来た「DVF」顧客の22才女性(学生)は、「いつも買い物をしている大丸神戸店の販売員から話を聞いて応募した。新しいデザイナーに代わり、ポップな色使いで若い子も着やすくなったと思う。特に水着が欲しいが、試着したいので(本日はウェブで3000円オフになるが)店頭で買う予定」と話した。

 「DVF」から招待を受けた顧客の40代女性(サロン経営者)は「今までの『ダイアン』よりもはっきりとした色使いが多く、実際にショーを見たことでブランドイメージが変わったことを理解できた。ファーストルックのコーディネートの購入を考えている」と満足気に語った。

 ショーは、「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」の関連企画として、BtoC向けの新イベント「トーキョー ボックス ボリューム ゼロ」内で実施。主催するのは神戸コレクションを手掛けるアイグリッツ。明日19日はマッシュスタイルラボの「フレイ アイディー(FRAY I.D)」が同じく“すぐ見て買える”17年春夏の商品でファッションショーを行い、20日には川島幸美による「アウラ(AULA)」が17-18年秋冬の新作を発表する予定だ。

【関連記事】
■「DVF」「フレイ アイディー」などが東コレに参加 消費者参加型のショー実施
ジョナサン・サンダースによる新生「DVF」を初披露
■新生「ダイアン」、買える価格の楽しいドレスで好発進

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら