フォーカス

PR01.がアッシュ・ペーから独立し新会社ワンオー設立

 松井智則PR01.(ピーアールワン)代表がアッシュ・ペー・フランスからPR01.事業部をMBO(マネジメント・バイ・アウト、経営陣による買収)をすることが決まった。受け皿として12月19日に新会社ワンオーを設立。3月1日から事業を開始する。新経営陣は、松井智則・社長以下、タイのプレスルームに赴任中の岩城大典・取締役、PR01.の副本部長で経営や事業開発の要である岡安一剛・取締役、ファッションショーの映像を配信する「東京ファッションフィルム」を立ち上げからになってきた古瀬伸一郎・取締役に加え、社外取締役に「ルームス」プロデューサーを務める佐藤美加アッシュ・ぺー・フランス取締役、「東京ガールズコレクション」のチーフプロデューサーやよしもとクリエイティブ・エージェンシーで執行役員などを務めてきた永谷亜矢子アン代表を起用。執行役員には三上剛史プロダクト担当、長井美樹PR担当が就いた。事業開始時点での従業員数は45人となる。なお、近日中に第三者からの出資を受けて資本を増強する予定だ。

 PR01.はアッシュ・ペー・フランスの一事業部として、ヒラオプレスの機能を引き継ぐ形で2006年に発足。アタッシェドプレスからスタートし、事業領域を急拡大。イベントの企画・制作、媒体制作、ECなど機能が拡張し、クライアントもファッション系から自治体、異業種、外資系企業など多様化している。その中で、小売り・卸売業を中心に手掛けるアッシュ・ペー・フランスとは異なる基準での「柔軟かつスピーディーな事業決済」が必要になったことと、外部人材とのさらなる連携の必要性などから今回の決断に至った。

 松井新社長は「PR01.はアタッシェドプレスから始まり、PRだけでは収まり切らなくなった。昨年も1年の半分以上海外を訪問していたが、まだ出合ったことがないものがたくさんある。出合うことがなかったモノや人をつなげ、そこで生まれるエネルギーから新しいビジネスモデルをプロデュースし、新しい形のエンゲージメントカンパニーを目指したい」と抱負を述べた。

 MBOにより、譲受対象になるのは、PR・コンサルティング業務全般と、イベントや映像の企画・制作業務、アッシュ・ペー・フランスで行ってきたゾゾタウンのECストアの運営、原宿キャットストリートにある「カンナビス」の店舗と、同店や「オールセインツ」などが入るGBビル、卸売り事業(PR01.ショールーム)、自社主催の「シブヤファッションフェスティバル」「PR01.トレードショー」「トウキョウファッションフィルム」となる。アッシュ・ぺー・フランスは小売り・卸事業、自社EC「H.P.F,MALL」、アート・インテリア事業、「ルームス」で知られる展示会事業、「ルームサービス」を中心としたメディア事業となる。両社は引き続き双方の機能を最大限活用し、業務委託という形で連携を図るという。

あなたにオススメ