ファッション

ストライプ新セレクト業態1号店がルミネ新宿1に

 ストライプインターナショナルの新セレクト業態「ガレージ オブ グッド クロージング(GARAGE OF GOOD CLOTHING、以下GOGC)」の1号店が2月28日、ルミネ新宿のルミネ1の3階にオープンした。白を基調にしたクリーンな店内はガレージをイメージし、鉄パイプや階段をポイントに什器を置く。セレクトとオリジナルの商品は、6:4で構成。オープン時のセレクト商品は、「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」や「アウラ(AULA)」など国内ブランドが多いが、今後は海外ブランド7割の比率で計画する。オリジナル商品の中心価格は、カットソーが8000円、ブラウスとボトムスが1万円半ば。

 今春のオープンは、旗艦店に位置づける同ガレージ オブ グッド クロージング ジャパン・ルミネ新宿店に続き、3月10日に大阪・くずはモールに西日本1号店を構える。「ジャパン」の屋号はルミネ新宿店のみで、働く女性に向けた商材を中心にそろえる。今年度は5店舗をオープン予定。目標売上高は、1店舗平均で年間1億5000万円を想定する。

【関連記事】
■ストライプが大人の女性向けのセレクト
■ストライプが今期168の新規出店 際立つ拡大路線
■中四国の有力店「ジーンズファクトリー」が関西初進出

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら