ファッション

アクタス、ブランチを楽しむための「ライズ&シャイン」をスタート

 アクタス(ACTUS)から、ブランチの時間を楽しむための雑貨ブランド「ライズ&シャイン(RISE & SHINE)」がデビューした。ブランド名は朝、親が子どもを起こすときに使う「朝ですよ。起きなさい」という意味のフレーズ。もともとは、イギリスの軍隊が起床後、最初に行うのが靴磨きだったことに由来する。

 日本でも、少しずつ広がりつつあるブランチは、ブレックファーストとランチをつなげた造語で、海外ではおなじみだ。アクタスは、休日の朝の過ごし方やお茶の時間など、日常を楽しむための「いい習慣」を広げる目的で、約1年前から同ブランドの企画をスタート。朝食やブランチの実態調査などを行ってきた。提案するブランチは、「頑張りすぎない」を基本に、「皆で作る」「保存容器のデザインにこだわる」「テーブルクロスを敷く」「天気のいい日は公園で」など7つのルールをもとに考案。機能性や使い勝手はもちろん、皆でシェアできるサイズ感や、ピクニックなどにも対応可能のアイテムを提案する。少し大きめなレトロ感覚のテーブルエアをはじめ、ピッチャーやスタッキング可能なグラス、手作りの食材用の保存容器、キッチンクロスなどがそろう。価格は450~7900円。

 第一弾のテーマは「ブランチを通して家族と優雅で贅沢な時間を楽しむ」。定期的に、「おもてなし」や「アウトドア」などテーマを設けてブランチの習慣を提案する。

【関連記事】
■日本の優れた地方産品に輝いた「スーホルム」スモークオイル
■アクタスのジビエ缶がアジア唯一のパッケージデザイン賞を受賞
■文豪が愛した山の上ホテルに一夜限りのテクタバーが登場

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら