フォーカス

石川涼の業界サバイブ法 「スマホで世界の動きを常に把握」

 ファッションに元気が無いと言われて久しい。景気による業績の好、不調はあるものの、現在のアパレル不況は、トレンドセッターである若者がファッションに憧れを抱かなくなったことや、そもそも消費者の気持ちがファッションから離れ始めている意味で深刻さを増している。消費の変化についていけない業界の構造に問題があるのか。常に時代の先端で変化を模索する「ヴァンキッシュ(VANQUISH)」の石川涼に話を聞いた。彼の考えは、危機が叫ばれる閉塞市場に活路を見出す起爆剤となるか。

WWDジャパン(以下、WWD):ファッションに元気がないと言われる理由は?

石川涼(以下、石川):基本的にファッションがダメになるとは思っていないですし、洋服は、それ自体の理由で売れないというわけではなく、単純に環境が変わったということです。1人1台のスマホ時代に、公衆電話を使う人はいないですよね。それと一緒。洋服だけに限らないですけど、毎日変化する環境下で買い物という行為自体が終わっています。極論、オンラインで世界は繋がっているので「アマゾン(AMAZON)」だけでいい。買い物以外のことに時間を使う方が有益な社会になっています。それは世界同時に起こっていて、僕らの世代で買い物をするための外出を楽しむことは終わりますよ。

WWD:常々、アパレル業界の人との会話は面白くないと話しているが。

石川:つまらないです。一番の理由は欧米至上主義なところ。情報の少ない20世紀、ファッションやブランドの価値はジャーナリストの評価に左右されていましたが、今は直接消費者に届くので、受け手自身がジャッジをする社会に変わりました。その現状を知ってか知らぬか、内輪で盛り上がっている業界人たちの感覚がとにかく古い。消費者が盛り上がっていることなら僕だって興味はありますし、その評価がとても気になる。でも、一部のファッション業界人を除いて、一般人は誰もコレクションに興味を持っていないですよね。常に一定の距離を保って、どこか冷めている現状を理解しないブランドが、消費者に置いて行かれている状況なんですよ。

WWD:2010年に東京コレクションに参加して業界を見る目は変わった?

石川:それは、180度変わりました。東コレの参加で、当時は相当叩かれましたから。ファッションオタクや業界かぶれが「ヴァンキッシュの参加で東コレが終わる」とSNSに投稿していたので、「うるせー」と応戦したり、毎日が喧嘩の日々でした。特に「ギャル男が着ているような質の悪いブランドが東コレに出るな」という投稿には噛みつきました。ブランドの好き、嫌いは嗜好の問題なので結構。でも、物の質が悪いという意見は違う。社員、商品製作に関わる工場のスタッフも必死ですから、毎日「撤回しろ」と投稿し続けました。

 結局、ランウエイには1700人が来場したんです。会場の恵比寿ガーデンプレイスのキャパは700人なので、大行列ができました。おそらく当時の東コレで一番来場者が多いショーだったはずです。開催前はネガティブなことばかり言って、いざ蓋を開けてみれば手のひらを返す業界人の態度を目の当たりにして、業界に頼っても仕方ないと確信しました。余計なフィルターを通すことはデメリットしか生まないし、実際に自分たちの方が人を集められますから。この経験をいい機会だと捉え、海外戦略を始めたんです。

WWD:海外と比較して、日本のマーケットは特殊だと感じる?

石川:タイに3ヵ月ほど留学していたんですが、日本の商品が全く勝負できていない現実を知りました。家電量販店では、韓国製品が売り場前面に並んであり、奥の方に日本ブランドがひっそりと陳列してあったので、スタッフに理由を聞いてみると「売れないから」と即答されましたよ。韓国製品の方が安くてかっこいい、単純な理由です。帰国して日本の家電量販店に行くと、逆の現象が起こっているのを目の当たりにして、ガラパゴスだと感じたんです。ファッション業界も同じなのかなとも。ファッションも日本が一番だと思っている人はほとんどいません。日本人だけがクールだと思っている。自称クール。

WWD:一般的に、東南アジアは日本のファッションに憧れを抱いているのでは?

石川:例えば“三代目 J Soul Brothers”というような個人レベルではそう言えるかもしれませんが、国レベルでは誰も憧れていません。そもそも、スマホやネットがあれば世界中で同じものを見れる時代に、憧れの理由が場所にはならないでしょう。