ニュース

北陸最大級のイオンモールが石川県小松市にオープン

 イオンは3月24日、石川県小松市に新たなショッピングモール「イオンモール新小松」をオープンする。同モールは、小松市北部で開発が進む「小松市沖周辺土地区画整理事業地」内に出店。北陸新幹線の新駅併設も予定されているJR北陸本線小松駅から南東2キロメートル、小松空港から約5キロメートルで、国道8号線へのアクセスも容易な地域に位置する。新たなライフスタイルの提案だけでなく、地域が持つ魅力を発信する場や地域のコミュニティとなるモールを目指す。

 約6万3000平方メートル以上の 総賃貸面積に「イオンスタイル新小松」を核店舗として、約160の専門店を導入する。「イオンスタイル新小松」は、地域最大級の食品ゾーン、ビューティアイテムの試用もできる美と健康の専門ショップ「グラムビューティーク」、ファッションや雑貨のゾーンで構成する。

 ファッションでは「H&M」と「ザラ(ZARA)」(今夏オープン予定)が、いずれもモール中央部に2000平方メートル以上の2フロア構造で出店する他、1階には北陸最大級の「ジーユー(GU)」も出店する。また、北陸初出店ブランドとしてワールドが手がける「オルベネ(ORBENE)」や「リルデシュシュ(LILOU DE CHOUCHOU)」、「コンファーム(CONFIRM)」「イルズ(ILL’S)」などが出店する。

 また、同モールでは“究極のローカライズ”を推進する。小松市が古くから有する地域文化や伝統振興の他、交流人口の増加や観光誘致の一助になる取り組み、子育て支援などを積極的に行う。具体的には、海外でも高い評価を受ける磁器、九谷焼の魅力を伝える「九谷焼プロジェクト」や、地産農産物の認知向上を目指す「こまつもんブランドプロジェクト」、「イオンゆめみらい保育園」の導入などを進める。

【関連記事】
■パルコ×三越伊勢丹 20年後の東京ファッションを表現
■大丸東京店が新編集売り場 葉山の人気ショップと協業
■ギンザ シックス施設公開 ファサードはひさしとのれんをイメージ
■東急電鉄がSHIBUYA109の運営専業会社を設立