ビジネス

資生堂16年12月期、円高が響き減収

 資生堂の2016年12月期連結決算は、売上高が8503億円、営業利益が367億円、経常利益が371億円だった。決算期の変更に伴い、前期との比較はできないが、前年同一期間と比べると、売上高が1.5%減、営業利益が17.0%減、経常利益が16.0%減。売上高は現地通貨ベースで5.2%の増収だったが、円高の影響で目減りした。純利益は、「ジャンポール ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」の知的財産権譲渡益や鎌倉工場跡地の売却益を特別利益として計上したことで、8.9%増の321億円だった。

 開発やマーケティング投資の集中、訪日外国人客への販促を強化したことが奏功し、国内売上高は2.9%増の4076億円だった。中でもハイプレステージブランドの「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」が大きく伸長した他、美容液「アルティミューン(ULTIMUNE)」がけん引した「SHISEIDO」も伸びた。海外売上高は、中国とアジアパシフィック、米州が現地通貨ベースでは増収、円換算では減収だった。欧州は「ジャンポール ゴルチエ」のライセンス契約終了による減収が影響し、現地通貨ベースと円換算共に減収。最重点事業の一つとして位置付けているトラベルリテール(空港免税店などでの化粧品販売)は、新カウンターの出店や接客体制の強化などにより中国、韓国、タイなどアジアの主要空港免税店を中心に拡大し、売上高は現地通貨ベースで同60.4%増、円換算後も同44.2%増の248億円だった。

 今期から組織体制変更に伴い、事業区分方法の見直しを行う。日本、中国、アジアパシフィック、米州、欧州、トラベルリテール、プロフェッショナルの7事業に変更する予定。プレステージ、メードインジャパンブランド、デジタル・eコマースなど拡大が期待できる領域への選択と集中を進める。また収益性改善に向けてブランドごとのリターンの管理を徹底する他、低採算ブランドの立て直しや事業・ブランドポートフォリオの見直しなどを行う。今期は、売上高が前期比10.5%増の9400億円、営業利益が同23.7%増の455億円、経常利益が同22.4%増の455億円、純利益が同19.0%減の260億円を見込む。

最新号紹介