ファッション

リカルド、「ジバンシィ」を去って「ヴェルサーチ」に!?

 12年に渡り「ジバンシィ」を手掛けてきたリカルド・ティッシが、メゾンを去った。彼のラスト・コレクションは、先月発表した2017-18年秋冬メンズと、17年春夏クチュール。3月5日に開催予定だったウィメンズのランウエイショーはキャンセル。デザインチームが手掛ける17-18年秋冬ウィメンズは、バイヤーに向けて展示会でお披露目するようだ。

 リカルド突然の退任に伴い、業界筋は彼の「ヴェルサーチ」への転向をウワサし始めた。リカルドは「ヴェルサーチ」の創業者ジャンニ・ヴェルサーチに尊敬の念を抱いており、妹で現在クリエイションを統括するドナテラとは大の仲良し。彼女はメゾンの垣根を飛び越え、「ジバンシィ」の広告に登場したこともある。

 一方の「ジバンシィ」は、後任についてコメントなどを発表していない。業界筋はすでに何人かの候補に接触している可能性があると分析しており、「バルマン」のオリヴィエ・ルスタン、アルベール・エルバス、エディ・スリマン、ピーター・コッピングなどの名前を挙げている。

【関連記事】
■「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」2017-18年秋冬パリ・メンズ・コレクション
■エディ・スリマン、「サンローラン」ディレクターを退任
■「ヴァレンティノ」がマリア・グラツィア・キウリの退任を発表
■「オスカー・デ・ラ・レンタ」のピーター・コッピングが退任
■「ブリオーニ」デザイナーが6カ月でスピード退任 業界から困惑の声
■ピーター・デュンダス「ロベルト カヴァリ」デザイナーが退任
■「クロエ」のデザイナーが退任 後任のウワサも
■ラフに続き、アルベール・エルバスが「ランバン」を去る
■ラフ・シモンズ、ディオールを去る

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら