ニュース

パルコがクラウドソーシングを使った通訳サービスを開始

 パルコは、外国人客のためにクラウドソーシングを活用した映像通訳サービス「クラウド通訳」を1月27日〜2月28日、札幌パルコで試験導入する。専用端末(スマートフォン)を使った対面通訳で、外国人客、スタッフ、通訳者の3者で通話。従来はパルコ7店舗で電話による通訳を行っていたが、クラウド通訳によって客の顔や商品を目視できるために、より進んだ接客が可能になる。対応言語は、電話通訳と同じく英語、中国語(北京語)、韓国語。同店のインフォメーションカウンター(B1)、「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」(1F)、「バオバオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」(1F)の3カ所でサービスを提供する。

【関連記事】
■パルコが今秋からロボットの実証実験 接客や棚卸をサポート
■アマゾンがレジなしのスーパー「アマゾン ゴー」を開店

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら