ファッション

「ベルスタッフ」×「ソフネット」カプセルコレクション発売

 英国の「ベルスタッフ(BELSTAFF)」は、「ソフネット(SOPHNET.)」と初めてコラボした2017年春夏のカプセルコレクションを1月25日に発売する。日本では、伊勢丹新宿本店メンズ館で1月25〜31日にオープンするポップアップストアと、全国のソフネット店舗で販売する。アイテムはアウターがメーンで、アイコニックな4ポケットの“ロードマスタージャケット”(11万8000円)や70年代の“レベル バイカー ジャケット”(6万8000円)など全6型。

 ベルスタッフ・ジャパンの設立まもない15年10月に、ギャビン・ヘイグ=ベルスタッフ本国CEOが、清永浩文「ソフ」デザイナーに出会ったことが今回のコラボのきっかけで、日本だけではなく、ヨーロッパやアメリカ、香港、韓国などでも販売する。

 ギャビン・ヘイグCEOは「カプセルコレクションを発表できることを非常に誇らしく思う。『ベルスタッフ』のアイコニックなアウターに、ストリートのインスピレーションを加え、モダンで都会的な機能性をコレクションに加えてくれた」とコメント。

 清永デザイナーは「『ベルスタッフ』のフィロソフィーを最大限に活かしつつ、自分たちが日本で培ってきた独特のカルチャーを組み合わせて、両ブランドを見てくれる方、まだ出会ったことのないファンの方にも響くものができたと思う」と自信をのぞかせた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。