ファッション

「ティファニー」NY5番街旗艦店、バリケードで客の安全を確保

 「ティファニー(TIFFANY & CO.)」はトランプタワーに隣接するニューヨーク5番街の旗艦店に関して、ニューヨーク市警察と連携して店舗の周りにバリケードを設けた。

 「ティファニーブルー」のロゴ付きバリケードは、57丁目から店舗を囲む。ホリデーシーズンのウィンドーディスプレーを楽しむことができる他、トランプ派の抗議活動でしばらく封鎖していたメーンエントランスも開放した。すぐ隣には、警察がトランプタワーのために検問所を設置している。また、通常営業していることをアピールするために、店の外には「ティファニー」のマフラーやネックウォーマー、ニット帽姿の従業員が客を迎える。「ティファニー」のスポークスマンは「われわれはニューヨーク市警察およびシークレットサービスと連携し、5番街の旗艦店周辺の安全の確保に取り組んでいる。通常営業をしており、ホリデーウィンドーとファサードのイルミネーションを公開している」とコメント。

 先月ドナルド・トランプ(Donald Trump)反対派の抗議活動が全米各所で行われ、ニューヨークのトランプタワー周辺には大勢の抗議人が集まった。その結果、5番街に出店している多くの店舗は、入店客が激減。「ティファニー」は先月末に開催した2016年第3四半期(8〜10月)決算会見で、「抗議活動は、旗艦店の周辺を訪れる消費者の減少を招いた。その結果、昨年同期間および米国の他店舗に比べ、5番街旗艦店の売り上げは少なかった」とコメント。

 トランプタワーの周辺は「グッチ(GUCCI)」「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」なども店舗を構えるが、消費者を誘致する対策は行っていないようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら