ファッション

ファッション感覚の高級家具「ロッシュ ボボア」再上陸

 フランス発高級インテリア・ブランド「ロッシュ ボボア(ROCHE BOBOIS)」の日本参入発表が12月15日、フランス大使館で行われた。「エリア(AREA)」など家具や空間の企画製造販売を行うクラウン(CROWN)が10月、総代理店契約を締結し、来年3月には東京・外苑西通り沿いに旗艦店をオープン予定だ。日本では旗艦店をはじめ国内各都市に路面店をオープンし、小売りにフォーカス。卸の予定はなく、コントラクトではトータル提案を行う予定だ。

 「ロッシュ ボボア」は1960年フランス・パリで創業。現在55 カ国で250店以上の店舗を運営している。”アール・ド・ヴィーヴル(ART DE VIVRE)”がコンセプトの同ブランドはファッション業界同様、年2回、春夏・秋冬コレクションを発表している。ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)や「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」「ミッソーニ(MISSONI)」などともコラボしており、クリスチャン・ラクロワは同ブランドで20点の家具から構成されるカプセル・コレクション“メゾン ラクロワ(MAISON LACROIX)”をデザインしている。

 日本では80年代、家具の輸入販売業のコスガ・ファニチャーが輸入販売していたが定着しなかった。日本には多くのイタリア発ハイエンドのインテリア・ブランドがあるが、フランスのブランドは少ない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら