ファッション

グッゲンハイム美術館でガラパーティーが開催 アン・ハサウェイが新生「ディオール」を着用

 ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館のヤング コレクターズ カウンシルが主催するガラパーティー「グッゲンハイム インターナショナル ガラ 2016」が11月16〜17日、同美術館で開催された。毎年開催されている同イベントは、13年から「ディオール(DIOR)」がスポンサーを務めている。今回は、アグネス・マーティン(追悼)、タウバ・アワーバッハ、タシータ・ディーン、レスリー・ヒューイット、サラ・モリス、タリン・サイモン、ローリー・シモンズらアーティストの功績を称えた。

 16日に行なわれたプレ・パーティーでは、ナンシー・ワンのDJとともに、歌手のバンクス(BANKS)がパフォーマンスを披露。マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)やアレクサ・チャン(Alexa Chung)ら数多くのセレブが来場した。

 また、17日夜にはディナーパーティーが開かれた。会場に姿を見せたアン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、カーリー・クロス(Karlie Kloss)らは、マリア・ グラツィア・キウリ「ディオール」アーティスティック・ディレクターが手掛けた17年春夏コレクションのドレスを着用。パーティー中には、サックス奏者のジョン・ゾーンがアーティストのアグネス・マーティンにインスパイアされて作曲した「PRAISE」のプレミア・パフォーマンスを行なった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら