ファッション

カッシーナが限定ストア“X”のオープンを記念したパーティーを開催

 カッシーナ・イクスシー(CASSINA IXC.以下、カッシーナ)は11月11日〜12月25日、カッシーナ青山本店内にクリスマスシーズン限定ストア“X”を営業している。“X”は、クリスマスの頭文字XとX=キス、コラボのX(かける)を意味しており、カッシーナにとって初のファッション・コラボレーション。「アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)」「ファセッタズム(FACETASM)」「クヴァドラ/ラフ・シモンズ(KVADRAT/RAF SIMONS)」をはじめとしたブランドや、フォトグラファーのライアン・マッギンレー(Ryan McGinley)、ニューヨーク・タイムズがアメリカで発行している「T:The New York Times Style Magazine」の日本版「T JAPAN」など、13のブランドとクリエイターが参加した。

 オープンに先立ち、10日にはパーティーを開催。蓮井茜 「アカネ ウツノミヤ」デザイナーや、鈴木哲也「ハニカム」編集長、奥澤健太郎「スワッグ オム」編集長ら業界人が多数来場し、一足早いクリスマスムードを体感した。

【関連記事】
カッシーナがファッションとコラボした限定ストアが登場

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら