ビジネス

ジャパンイマジネーションが「ナイン」「デイシー」を事業譲受 代官山店など一部閉店

 ジャパンイマジネーションは11月16日、「ナイン(NINE)」や「デイシー(DEICY)」を運営していたディータイムスシー東京と「デイシー」の商標権を管理していたディータイムスシーのほぼ全ての事業を譲受した。両社は8月31日付で民事再生法の適用を申請し、ジャパンイマジネーションが買収に名乗りをあげていた。11月1日付で、新子会社ディーアンドエヌ ジャパン(D&N JAPAN、渋谷区猿楽町9-8)を設立。木村達央ジャパンイマジネーション社長が社長を兼務する。一部の直営店とEC事業を譲り受け、12月1日から事業運営を開始。「デイシー」の代官山旗艦店や横浜相鉄ジョイナス店、「ナイン」のJR名古屋高島屋店と横浜相鉄ジョイナス店、銀座東急プラザ店は2017年1月中に閉店を予定している。

【関連記事】
「ナイン」「デイシー」のディータイムスシー東京が民事再生法適用を申請

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら