ファッション

「タグ・ホイヤー」がJリーグ初の公式タイムキーパーに就任

 「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」は10月25日に記者会見を開き、トップパートナーとしてJリーグ初のオフィシャルタイムキーパーを務めることを発表した。ブランドは近年、サッカーのサポートを強化しており、2015年以降はドイツのブンデスリーガ、イギリスのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラなど、世界の主要サッカーリーグの公式タイムキーパーを担当。アジアでは、18年のサッカーワールドカップ・ロシア大会に向けた最終予選でもタイムキーパーを務めている。

 会見では、LVMHウォッチ・ジュエリージャパン タグ・ホイヤーディヴィジョンの河村恭臣ジェネラルマネージャーが登壇し、「昨年から、世界の名だたるトップリーグとパートナーシップ契約を結んできた。Jリーグのパートナーを務めることができ、うれしく思っている。地域に根差すJリーグと、地域の販売店とタッグを組む『タグ・ホイヤー』には共通点がある」などとコメント。会見にはJリーグOBで日本サッカー協会理事の北澤豪、川崎フロンターレの大久保嘉人、浦和レッドダイヤモンズの李忠成も登場し、「タグ・ホイヤー」の新作時計を争ったミニゲームなどを楽しんだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら