フォーカス

「ボッテガ・ヴェネタ」のショーに見る“客席は2列だけ”のこだわり

「ボッテガ・ヴェネタ」は、トーマス・マイヤー=クリエイティブ・ディレクターの就任15周年とブランド設立50周年を記念して、メンズとウィメンズの合同ショーをミラノのブレラ国立美術学院で開催しました。これまでは、社屋でショーを行っており、社外に出たのはこれが初めてです。なぜ、社外に出たのか?その答が実に「ボッテガ・ヴェネタ」らしいものでした。

express_01

もちろん、周年を祝うために特別な場所を選んだ、という理由もあるでしょう。ブレラ国立美術学院がファッションショーの会場として使用されたのは史上初。いたるところに彫刻が飾られた歴史ある石造りの美術学校という知的な場所は、ブランドの世界観にぴったりです。

express_01

しかし、それ以上にトーマスが強調したのは、「今回は招待客が多く、いつもの場所では収容しきれないから」という理由でした。来場者数は1000人。通常より多いのは、多くのセレブリティー(日本からは長谷川京子さんが出席)に加え、今回は特別に「ボッテガ・ヴェネタ」で働く職人たちをゲストとして招いたからでした。

express_01