ファッション

「アンブッシュ」が八芳園でショップオープンを記念したパーティーを開催

 VERBALがディレクター、YOONがデザイナーを務めるジュエリーブランド「アンブッシュ(AMBUSH)」は9月2日、ブランド初となる旗艦店「アンブッシュ ワークショップ(AMBUSH WORKSHOP)」を東京・渋谷にオープンした。場所は、2015年8月に閉店した「アメリカンアパレル(AMERICAN APPAREL)」渋谷メンズ館の跡地で、売り場面積は約125平方メートル。インテリアデザインは、片山正通ワンダーウォール代表が担当し、1階がショップ、2階がアトリエの2フロア構造となっている。店内ではブランドを代表するオリジナルのジュエリーをはじめ、店舗限定のTシャツ、セレクトしたアパレルアイテムなどがそろう。

 オープンに先駆け、1日にはオープニングパーティーを東京・白金台にある八芳園で開催した。会場は、光る綿あめやロゴ入りの水風船の屋台など、まるで夏祭り。射的の屋台では、的を倒すともらえる限定ジュエリーを目当てに多くの来場者がゲームを楽しんだ。また、ビッグバン(BIGBANG)のG-DRAGONや2NE1のCLとDARA、昨年12月にエグザイル(EXILE)のパフォーマーを卒業した松本利夫、USA、MAKIDAIの3名、「エム-フロウ(m-flo)」の☆Taku Takahashi、ローラ、NIGO(R)、阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナー、尾花大輔「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」デザイナーなど、VERBAL・YOONと親交の深い業界人・著名人・モデルらが多数来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら