ファッション

ドルチェ&ガッバーナが青山に新旗艦店オープン

 ドルチェ&ガッバーナ ジャパンは9月10日、東京・青山(東京都港区南青山5-5-8)に新たな旗艦店をオープンする。2層からなる同店は、1階でメンズとウィメンズのウエアやバッグ、シューズ、レザーグッズを、2階ではメンズのフォーマルやウィメンズのイブニングドレスやファインジュエリーを取り扱う。

 店舗・内装デザインを手掛けるのは、グエナエル・ニコラ率いるキュリオシティ。ニコラは、東京を拠点に活動しているフランス人インテリアデザイナーで、ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナの考えを基に具現化する。同ブランドが店舗・内装デザイナーの名前を公表するのは初めてで、同店は世界に先がけて新デザインのお披露目となる。

 店舗・インテリアデザインのコンセプトは「光と影」。黒を基調とした外観は、壁を引き裂くようにイタリア産大理石の窓を配置する。ブラックセラミックを敷き詰めた床や、グレーの大理石の什器、店舗中央に配したゴールドの広い階段など、ラグジュアリーで存在感ある空間となるという。

 オープンを記念して、バッグやスモールレザーグッズ、iPhoneケースなどの限定アクセサリーを発売する。

 なお、表参道ヒルズの「ドルチェ&ガッバーナ」は今年1月末に閉店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。