ファッション

「シャーロット オリンピア」が新ライン「9 ティル 5」をスタート

 ロンドン発のシューズブランド「シャーロット オリンピア(CHARLOTTE OLYMPIA)」は、ビジネスシーンでの需要に応える新ライン「9 ティル 5(9 TILL 5)」をスタートする。キャッチーで凝ったデザインで知られる「シャーロット オリンピア」だが、同ラインではシンプルなアイテムを提案。スエードやレザーをベースに、部分使いのPVCでデザインを加えたクラシックなパンプスが揃う。ピンヒールを始め、ブロックヒールとキトゥンヒールを用意。ヒール高も5.5センチ、7.5センチ、9センチを揃え、幅広いニーズに応える。カラーは、ブラック、ネイビー、ブラウン、バーガンディ、ボトルグリーン、グレー、フューシャの7色。アイコニックなレオパードプリントを施したモデルもある。シューズには、特製ストッキングとポストカードが付属。価格帯は8万〜11万9,000円(税抜き)で、日本での発売は8月以降を予定している。

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら