ファッション

「ダンヒル」が心斎橋に大型路面店をオープン 全コレクションをラインアップ

 英国のメンズウエアブランド「ダンヒル(DUNHILL)」は4月29日、大阪・心斎橋にダンヒル心斎橋店をオープンする(大阪市中央区心斎橋筋1-6-13)。3フロア構造で、売り場面積300平方メートルの店内にメンズウエアやレザーグッズ、筆記用具、アクセサリーなど全てのコレクションをそろえる。3階では、カスタムオーダーが可能なテーラリングサービスを提供。店内の家具一つ一つに至るまで、英国の男性的なエレガンスやクラフツマンシップを感じられる空間に仕上げる。ファブリッツィオ・カルディナリ=アルフレッド・ダンヒル最高経営責任者(CEO)は、「日本は非常に重要な市場であり、今後もそうあり続けるだろう。新しい旗艦店は、ブランドと価値を表現するものであり、日本におけるさらなる成長に向けたステップだ」とコメントしている。

 「ダンヒル」は1893年創業。現在日本には、東京の銀座本店をはじめ、33店舗を構える。なお、心斎橋店オープンに合わせ、日本公式インスタグラムをスタートする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら