ファッション

義足はファッションになりえるか 「シアタープロダクツ」が義足のアスリートとショー

 「シアタープロダクツ(THEATER PRODUCTS)」は12月7日、義足のファッションショー「リズム・オブ・アスレチックス(Rrythm of athletics)」を日本科学未来館で行う。義足製作の第一人者である臼井二美男の義足を着用したアスリートら15人が、「シアタープロダクツ」と「プーマ」のアイテムを身にまとい、ランウエイを歩く。デザイナーの武内昭は、「初めて間近で見た義足は、色とりどりだったり、無機質でテクニカルだったりと、ファッション的にも面白い。ファッションの関係者にも、義足という新しい身体のフォルムを多くの人に感じてもらいたい」とコメント。スタイリングを手掛けたスタイリストの伏見京子は、「義足を着けているからこそ持っているリズムがあり、だからこそかわいさが拡張したり、似合ったりするファッションもある。ショーでは彼らの健康的だけどハイテクで、より先をいっている身体を感じてほしい」という。

 18歳の小松茉奈実さんは、幼少のころに左の太ももから下を切断。以降、義足をつけて生活してきた。「中学生のころまでは義足が恥ずかしくてなるべく隠していたけど、服が好きで高校生になってからはオシャレを楽しみたくて隠すのをやめた。今は近所だと母と『ローリーズファーム(LOWRYS FARM)』、友だちとはラフォーレ原宿に行って、買い物をするのがすごく楽しい。今回もすごくカワイイ服を着られるので、人前でショーに出るのは照れくさいけど、とても楽しみ」という。

【リズム・オブ・アスレチックス概要】
日時:12月7日(日)13時30分〜13時50分
場所:日本科学未来館
参加方法:当日受付(先着順、参加無料)
定員:100人
ディレクション:「シアタープロダクツ」
スタイリング:伏見京子

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら