ニュース

ステファノ・ピラーティの後任が決定 サルトリが5年ぶりにゼニアに復帰

 アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)前「ベルルッティ(BERLUTI)」クリエイティブ・ディレクターが6月、エルメネジルド ゼニア グループ(ERMENEGILDO ZEGNA GROUP)にアーティスティック・ディレクターとして加わる。サルトリは2月3日に退任したばかりのステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)の後任で、全「ゼニア」ブランドを手掛ける。初のコレクションは2017年1月にミラノで発表予定の17-18年秋冬シーズンになる。

 サルトリは1989年に同グループに入社し、2003年に「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」のよりファッション性を追求したブランドとして立ち上がった「Z ゼニア(Z ZEGNA)」のクリエイティブ・ディレクターを8年間務めた。その後、11年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「ベルルッティ」のアーティスティック・ディレクターに就任し、16年2月1日、同職を退任した。同氏は今回の就任で5年ぶりの同グループへの復帰になる。

 ジルド・ゼニア(Gildo Zegna)=エルメネジルド ゼニア グループ最高経営責任者(CEO)は「アレサンドロを長年知っており、再び彼を迎え入れることができ大変喜んでいる。彼の才能やクリエイティビティー、熱心さ、モダンな考え方は『ゼニア』を次のステップへと導いてくれるだろう」とコメントした。一方サルトリは「私はエルメネジルド ゼニア グループのクリエイションとオーセンティックな価値観をずっと尊敬してきた。「ゼニア」チームと組み、新たな章を築き上げることをとても楽しみにしている」とコメントした。

【関連記事】
アレッサンドロ・サルトリが「ベルルッティ」を退任
ステファノ・ピラーティがゼニアを去る

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら