ニュース

ステファノ・ピラーティの後任が決定 サルトリが5年ぶりにゼニアに復帰

 アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)前「ベルルッティ(BERLUTI)」クリエイティブ・ディレクターが6月、エルメネジルド ゼニア グループ(ERMENEGILDO ZEGNA GROUP)にアーティスティック・ディレクターとして加わる。サルトリは2月3日に退任したばかりのステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)の後任で、全「ゼニア」ブランドを手掛ける。初のコレクションは2017年1月にミラノで発表予定の17-18年秋冬シーズンになる。

 サルトリは1989年に同グループに入社し、2003年に「エルメネジルド ゼニア(ERMENEGILDO ZEGNA)」のよりファッション性を追求したブランドとして立ち上がった「Z ゼニア(Z ZEGNA)」のクリエイティブ・ディレクターを8年間務めた。その後、11年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「ベルルッティ」のアーティスティック・ディレクターに就任し、16年2月1日、同職を退任した。同氏は今回の就任で5年ぶりの同グループへの復帰になる。

 ジルド・ゼニア(Gildo Zegna)=エルメネジルド ゼニア グループ最高経営責任者(CEO)は「アレサンドロを長年知っており、再び彼を迎え入れることができ大変喜んでいる。彼の才能やクリエイティビティー、熱心さ、モダンな考え方は『ゼニア』を次のステップへと導いてくれるだろう」とコメントした。一方サルトリは「私はエルメネジルド ゼニア グループのクリエイションとオーセンティックな価値観をずっと尊敬してきた。「ゼニア」チームと組み、新たな章を築き上げることをとても楽しみにしている」とコメントした。

【関連記事】
アレッサンドロ・サルトリが「ベルルッティ」を退任
ステファノ・ピラーティがゼニアを去る

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら