ニュース

チュチュアンナが香港法人を設立し、年内2店舗の出店を目指す

 女性用靴下・インナー製造小売り企業のチュチュアンナ(TUTUANNA)は1月7日、香港に現地法人香港チュチュアンナ(HONG KONG TUTUANNA)を設立した。同法人は中国、台湾に続き、海外における第3拠点目。香港法人は香港を含む華南エリアの事業拡大の拠点になり、同エリア向けの商品企画も行う。香港への進出は亜熱帯地域ということもあり、チュチュアンナは進出を慎重に検討してきた。しかし、2014年8月、香港に隣接する深?に出店したところ、売り上げが予想を上回り、現地消費者のニーズに合ったインナー開発の見込みもたったため香港進出を果たした。店舗に関しては、銅鑼灣、尖沙咀などのショッピングエリアを中心に検討し、今夏を目処に1号店、年内に2店舗出店を検討している。チュチュアンナは現在日本で248店舗、中国・台湾で239店舗を運営。過去5年で店舗数は約2.5倍になっており、海外における店舗数が日本を超えるのも間近だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら