ファッション

ブルーボトルコーヒーが「豊洲パークカフェ」をオープン 建物を含めオリジナルでデザインした初の店舗

ブルーボトルコーヒーは8月23日、豊洲ぐるりパーク内にある豊洲公園に「ブルーボトルコーヒー 豊洲パークカフェ」をオープンする。豊洲公園は「ブルーボトル コーヒートラック」の最初の停留地として出店した場所で、建物を含めオリジナルでデザインしたカフェのオープンはブルーボトルコーヒーとして初めてとなる。

「ボーダーレス」をコンセプトとしたカフェの空間デザインはスキーマ建築計画の長坂常が担当し、自然や公園とのつながりを感じられる開放感に満ちた空間を作り出している。40席あるテラス席に面したカウンターから、直接注文や受け取りができる。

限定商品の販売も

店内で提供されるドリンクに使用されるコーヒーマグ(6160円)は陶芸作家のnarumiyashiroと共に制作されたオリジナルのマグカップだ。ブランドとして初めて陶器を使用し、「豊洲パークカフェ」限定で販売を予定している。また、「キント(KINTO)」とのコラボレーション商品として、ワークアウトボトル(3300円)も豊洲パークカフェとブルーボトルコーヒーの公式オンラインストア限定で販売する。

■ブルーボトルコーヒー豊洲パークカフェ
オープン日:8月23日
時間:8:00〜19:00
住所:東京都江東区豊洲2-3-6 豊洲公園内
座席数:64席

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。