ファッション

「アディダス オリジナルス」×「ウェールズ ボナー」 今回は“サンバ”と“SL 76”を再解釈

アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は「ウェールズ ボナー(WALES BONNER)」とのコラボを継続し、2024年春夏コレクション”リフトバレーランナーズ”を発表した。コンファームド(CONFIRMED)アプリ、一部取扱店舗で5月21日に発売する。

同コレクションはケニアのイテンが舞台でアフリカ東部のランナーに長く受け継がれる伝統に着想を得た。マラソンのスピリットを中核に据えながら、忍耐、持久力、情熱にオマージュを捧げている。

シューズはアディダスのアーカイブから“サンバ”、“SL 76”をウェールズ・ボナーの視点で再解釈した。“サンバ”(2万5000円〜)は2つのシルエットで登場。今回初登場のサンバミレニアム(3万5000円)はレザーヒールを配したモデルと、ブルーのポニーヘアーヒールを配したモデルを用意する。また“SL 76”(2万5000円)はビンテージ感あるメッシュとスエードを使用し、イエローの地にブラックのストライプ、ブルーの地にブラックのストライプで登場する。

アパレルアイテムは上質な素材と表情豊かなパターンを通じて、アーカイブのランニングスタイルを再解釈した。

本キャンペーンのビジュアルは、写真をヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)が、また映像をスティーブン・トレイラー(Steven Traylor)が担当した。心奮い立たせる道のりを見つめながら、持久力をめぐるストーリーを表現した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。