ファッション

「クロムハーツ」がジョー・フォティの個展を開催 一点物のアート作品や限定のTシャツを販売

クロムハーツ(CHROME HEARTS)」は、「フォティ バイ クロムハーツ(FOTI BY CHROME HEARTS)」 のデザイナーを務めるアーティストのジョー・フォティ(Joe Foti)の個展“エキシビション ゼータ レチクル 2(Exhibition Zeta Reticuli 2)”を5月24日まで銀座店で開催している。同展は17〜31日に大阪で、24日〜6月7日に福岡でも行う。2022年に東京と大阪で開催した展示会の第2弾となる。

会場に展示するオブジェは“モンスター”と名付け、木やプラスチック、接着剤、布、レジンなど多様な素材を組み合わせて制作した。ボディーには主に、状態のいいビンテージのぬいぐるみを用いており、上にプラスターを複数層塗装して固めた。頭は、蚤の市やインターネットで見つけたヨーロッパのゴム製の人形やハンドパペットを分解して使用した。フォティは、「蚤の市に行くと、何でも四つ足の物を求めて目を光らせている」と話す。“モンスター”は販売しており、価格帯は7万9200円〜14万1900円。さらに、宇宙をテーマにさまざまな材質やモチーフをコラージュした壁掛け作品(12万4300円〜44万3300円)も用意する。一点物のアート作品のほか、Tシャツ(S〜XL、各5万5000円)を数量限定で販売する。

色鮮やかな作品が並ぶ同展についてフォティは、「1999年に開いた最初の展示会は黒一色だった。何でも黒く塗装すればかっこ良くなるだろ?色を使った仕上げは難しいが、今はそれに挑戦するのが面白い。今後もいろいろな作品の制作に取り組みたい」と話す。作品の着想源を尋ねると、「周りの人々、あなたも含めて。周りにいる素敵な人々が私にインスピレーションを与える」と答えた。

ジョー・フォティとは

ジョー・フォティは1962年、ニューヨーク生まれ。「クロムハーツ」の創業者兼デザイナーのリチャード・スターク(Richard Stark)の親友であり、創業時から同社の工場で作品を作っていた。スカルのモチーフが特徴の作風で、同ブランドとのコラボコレクションを長きにわたって続けている。「私が最も好きなアートとは、見た人が『一体何だこれは⁉︎』と感じるようなもの。だから、小さなモンスターや奇妙な作品を作り、見る人に驚きと好奇心を与えたいんだ」。

■Exhibition Zeta Reticuli 2
日程:〜5月24日
時間:12:00〜18:00
場所:クロムハーツ ギンザ
住所:東京都中央区銀座5-4-9 3F

日程:5月17〜31日
時間:12:00〜20:00(17日のみ15:00〜20:00)
場所:クロムハーツ オオサカ
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-5 日本生命御堂筋八幡ビル 2F

日程:5月24日〜6月7日
時間:12:00〜20:00(5月24日のみ14:00〜20:00)
場所:クロムハーツ フクオカ
住所:福岡県福岡市中央区大名1-14-8

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。