ファッション

終わってみないと“正解”は分からない その難しさと奥深さ【MDの仕事3:「ジャーナル スタンダード」三宮歩】

有料会員限定記事

PROFILE: 三宮歩/ベイクルーズ ジャーナル スタンダード商品統括Div.SMD

三宮歩/ベイクルーズ ジャーナル スタンダード商品統括Div.SMD
PROFILE: (さんぐう・あゆみ)調理師専門学校を卒業後、2007年3月に「ジャーナル スタンダード」の販売員としてベイクルーズ入社。10年に副店長、11年に店長就任。渋谷店や横浜店など大型店の店長も務める。17年から現職。飼っている2匹のミニチュア・ピンシャーが癒し PHOTO : TAMEKI OSHIRO

「どのタイミングで、どんなものを、どれだけ売るのか」を設計し、目標の売り上げ達成と利益の確保に向けてさまざまな部署と連携しながら、ブランド運営に携わるのがMD(マーチャンダイザー)だ。ディレクターやデザイナー(企画)、バイヤー、販売員と比べて露出が少ない職種だが、売り上げや在庫消化の向上のために戦略を立て、状況に合わせて都度調整し、結果を分析しながら次の計画に反映する、重要な役割を担う。

「WWDJAPAN」2024年6月10日号では、そんなMDの仕事を特集する。MDの仕事は、ブランドによってカバーする範囲と注力ポイントが異なると同時に、仕事のやり方、判断の仕方も人によってさまざまだ。そこで今回は、3人のMDの仕事内容とその魅力を紹介する。

3人目はベイクルーズ「ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)」の三宮歩さんだ。学生時代から「ジャーナル スタンダード」愛用者で、10年ほどの店舗勤務を経て7年前にMDへ異動。スタイリング提案が真骨頂でアイテム数も多い「ジャーナル スタンダード」のウィメンズのオリジナルアパレルを担当する。

「ジャーナル スタンダード」一筋約17年。学生時代から好きだったブランドで販売員になり、副店長、店長と順調にステップアップ。MDへの異動は希望していたわけではなく、本人としては思ってもいなかったという。

「店舗で10年行ってきた仕事内容と全く違っていた。モノ作りについての知識が全くなかったので、商品1つ作るのにどれだけ人が関わり、どれだけ時間が必要かなど、1から学ぶ形のスタートだった」と三宮さんは振り返る。「半年以上先と、4カ月先と、直近のことが全部並行して進むので、説明されても、今一体何をやっているのか、『サンプルが上がってきたけど、これはいつのなんだろう』という感じで、最初の頃は本当に大変だった」。

そこから7年。「セレクトショップ業態ではあるが、7割ぐらいを構成するオリジナルは、ブランドの基幹でもある。デザイナーも含め、皆でブランドを作っていけるのが楽しい」と語る。

「ジャーナル スタンダード」のMDプランは3カ月ごとに策定する。テーマはディレクターとデザイナー5人、MDでムードをプレゼンし合うとこところから始まる。全員から出たものをディレクターとMDが整理し、「このムードで行こう」というものを、簡単なイメージマップにして、デザイナーに戻し、デザイナーがビジュアルとキーワードに落とし込む。

MDはテーマだけでなく、各月の予算と商品構成を組む。月平均で50型程度。おおよそのアイテムや数量、価格など、前年を振り返りながら調整し、大枠を作り、ディレクターに相談しながら決定する。「デザイナーがプレゼンで『絶対これをやった方がいい!』と上げてきたものを盛り込みつつ、これから来そうなトレンドや気候変動も加味して考える」。

スタイリングベースで考える

その枠に沿って、デザイナーがデザイン画を描き、素材が分かるスワッチをセットにして、月毎に貼り付けたボードにしてMDに戻す。ここでデザイナーそれぞれの思い入れなども聞く。スタイリングベースでの提案で、枠にはなかったコーディネートアイテムが加えられたりする。それをディレクターとセクションマネジャーとMDが精査し、組み直し、サンプルを作るものを決定する。「5人のデザイナーはそれぞれアイデアが豊富なので、まずは惜しみなく、たくさんもらえた方が、材料が増える。しかし、そもそもの型数が多いこともあり、サンプルを作るにはコストがかかる。極力最低限に抑えるべく、このタイミングでどれを作るかしっかり検討する」。

数を積むもの、ウィンドーで見せるスタイリングなども反映したボードをデザイナーに戻し、細かいデザインや素材のすり合わせ、価格や原価、納期などを確認。「円安や原材料の高騰など、先が読めない要素が多く、予算や計画に収まるのか、非常に難しい部分でもある」。

この続きを読むには…
残り1837⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。