ビューティ

「ザラ」のヘアラインが日本で発売 ヘアスタイリストのグイド・パラオ監修の全6品

ザラ(ZARA)」は4月4日、ヘアライン“ザラ・ヘア(ZARA HAIR)”を日本で発売する。フレグランス、メイクアップに続くビューティラインで、髪に艶を与えるヘアエスプレーやボリュームを出すムースなど全6品(各200mL、各2990円)を展開する。ヘアスタイリスト兼クリエイティブディレクターのグイド・パラオ(Guido Palau)が監修し、共同開発した。

今回は「エブリデイ・ベーシック(EVERYDAY BASICS)」をテーマに、性別問わず日常で使いやすく、重ね付けもしやすいベーシックアイテムを用意した。“ドライテクスチャライジングスプレー”は一吹きで髪にボリュームが出て、洗髪の1~2日後に髪に活力を与える。ほかにも、ベタつきづらくボリュームと艶を演出できる“ボリューマイジングムース”やドライヤーで髪を乾かしながら潤いを与える“ブロードライスプレー”、くせ毛やうねりのある髪のカールを際立たせる“カールアクティベーター”、スタイリングの仕上げができる“ヘアバーム”と“ヘアエスプレー”をラインアップする。

コレクション全体の香りのベースは、調香師のジェローム・エピネット(Jerome Epinette)が調合した。また、米国デザイン会社のバロン&バロン(Baron & Baron)とのコラボレーションで2トーンカラーのパッケージをデザインした。

「ザラ」は約20年前からフレグランスラインをスタートした。19年に「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」の創設者であるジョー・マローンが手掛ける香水ブランド「ジョー ラブズ(JO LOVES)」とコラボレーション。21年にメイクアップラインを立ち上げた。“ザラ・ヘア”は11月に第1弾として、日本を除く地域限定でホリデーキットを発売。ゴールドのスタイリングジェル、グリッタースプレー、ピン、コームをセットにして49.9ドル(約7534円)で販売していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。