ファッション

「ルイ・ヴィトン」のダモフラージュ・モチーフのアイテムが登場 ジャケットやキャップ、スピーカーなど

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、2024春夏メンズ·ファッションショーに登場した、全面にジャカードで表現した今シーズンを象徴するダモフラージュ・モチーフのアイテムを発売した。

アイテムは、ジャケット(59万9500円)、パンツ(28万500円)、バッグ(70万9500円)、ニット帽(8万2500円)、キャップ(11万5500円)、スピーカー(35万6400円)、ルイ・ダモフラージュ(85万8000円)を用意する。

メンズ クリエイティブ・ディレクター・ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がデザインした“キーポル 55”(70万9500円)は、ダモフラージュ・キャンバスで仕立てた。3つの外ポケットを追加し、機能性を高めた。2本のトップハンドルと、取外し & 調節可能なショルダーストラップ付き。

“ビーニー・ダモフラージュ”(8万2500円)は、ウール100%で仕立てた、季節を問わず多彩なスタイルを楽しめるニット帽。グラフィカルなアイテムには、メゾンのフランス語のシグネチャーである“Louis Vuitton Marque Deposee”をガラスパールの刺しゅうで描いたパッチがあしらわれている。

“キャップ・ダモフラージュ”(11万5500円)は、コットン・キャンバスを使用し、5枚のパネル構造を精緻なステッチで仕立てたバイザーを添えた。フィット感を調節できるバックストラップ付き。

“LV ナノグラム・スピーカー ダモフラージュ”(35万6400円)は、ファレル・ウィリアムスが「ルイ・ヴィトン」で初めて手掛けた2024春夏ファッションショーに登場したものでダモフラージュ パターンをまとい、ステートメントを放つシルエットを表現する仕上がりとなっている。

遊び心溢れるファッショナブルな新作コレクターズアイテムとして登場した“ルイ・ダモフラージュ”(85万8000円)は、目と鼻を象るLV イニシャルを添えたゴールドカラーのビスから、手と尻尾のモノグラム・フラワー モチーフまで、「ルイ・ヴィトン」のシグネチャーが散りばめられている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。