ファッション

ミラノ・ウニカ開幕、AIで描く「新高級テキスタイル産業構想」

有力素材見本市の一つ「ミラノ・ウニカ」が現地時間の1月30日に開幕した。イタリア企業を中心に609社が出展し、2025年春夏シーズンに向けたテキスタイルや服飾資材をアピールする。

イタリアの繊維・ファッションの業界団体であるシステマ・モーダ・イタリア(SISTEMA MODA ITALIA、以下SMI)によると、23年度のイタリアのテキスタイル産業の売上高は前年比2.5%減だった。メーン市場である高級品市場と中国市場の減速が影響した。

24年も引き続き高級品市場と中国市場の失速が予想される中で、「ミラノ・ウニカ」が打ち出したのが、人工知能(AI)の活用だ。開幕直後に開催された基調講演では、有力な業界団体のトップや大臣がこれまでは業界動向などを語るのが通例だったが、全員がAIについてそれぞれの立場から語る異例の取り組みを行ったほか、、有力なAIのスタートアップ企業のトップや研究者を招いてセッションを行った。ミラノ・ウニカにとって重要なコンテンツであるトレンド発表にもAIを導入した。

有力テキスタイルメーカーのカノニコのトップで、ミラノ・ウニカの会長を務めるアレッサンドロ・バルベリス・カノニコ(Alessandro Barberis Canonico)氏は、「人工知能は、国際的で複雑で絡み合ったサプライチェーンやビジネスモデルの解決をサポートする大きな手助けになる」と、その狙いを語った。

メイド・イン・イタリー&イタリア企業省のアドルフォ・ウルソ(Adolfo Urso)大臣は、「すでに繊維・ファッション業界は、人工知能を生産プロセスの効率化などにも導入しているが、イタリアの重視するクリエイティブな人材や才能の保護や発展にも生かせると考えている。政府としても積極的にバックアップする」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。