ファッション

ジュンがZOZO専売の新ブランド モードテイストをリーズナブルに

ジュンは、ZOZOTOWNのみで販売する新ブランド「シーシー(CE’E_SE’E)」を立ち上げた。2月7日に発売する。

ブランドコンセプトは「into any “colour’s”」で、「どんな色や型も、私流。大人のジャンルレスなファッションを自分らしく」とのメッセージが続く。“colour’s”はcolor(色)とyours(あなたのもの)の造語だ。「モードから女性らしいスタイルまで、どんなテイストにも染まれる存在でありたい」「自分のイメージをひとつのカテゴリーに収めたくない」という女性をターゲットにする。ブランド名には、メール配信の「CC:」のように、さまざまな人を巻き込む意味を込めた。

アイテムは、身頃をツイストしたシアーカットソーやラメ糸を混ぜ込んだクロップド丈のメッシュニット、スリット入りのニットカーディガン、カップ付きのキャミソール、ビスチェ付きのチュールトップス、裾にドローコードを通したプリーツスカートなど。レイヤードを意識したアイテムが豊富にそろう。カットソーが5000〜8100円、シャツが6300〜9000円、ボトムスが6800〜9000円、ブルゾン7200〜1万2000円で、実物を手に取れないオンラインでも購入しやすい価格帯に設定した。

同社はこれまでも「ロペ(ROPE)」や「アダム エ ロペ(ADAM ET ROPE)」などの既存ブランドをZOZOTOWNに出店してきた。「(ZOZOTOWNは)ファッションECモールとして国内最大級の会員数を誇り、ユーザーのファッション感度の高さも特徴だ。よりニーズにマッチした提案をしたいと思い、一からブランドを作った」と担当者は説明する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

Z & ミレニアル世代を直撃 ジュエリー中心に広がるジェンダーニュートラルの波 

ここ数年でジュエリーを着用する若い男性が急増しました。「ミキモト(MIKIMOTO)」と「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のコラボレーションのパールネックレスが登場したのが4年前。それをきっかけに、パールネックレス=女性のものという概念が崩れ、男性にも市民権を得ました。それが、さらに広がり、より多くの若い男性が日常的にジュエリーを楽しむようになりました。町中を見渡すと、…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。