ファッション

マーゴット・ロビー演じるバービーのスタイルブックが3月19日に発売 未公開ルックも収録

映画「バービー(Barbie)」でバービー役を演じたマーゴット・ロビー(Margot Robbie)のスタイルブック「バービー:ザ・ワールド・ツアー(Barbie: The World Tour)」が3月19日に発売される。価格は55ドル(約8127円)で、全160ページのハードカバー仕様。アメリカの老舗出版社であるリッツォーリ(RIZZOLI)が出版する。予約はアマゾン(AMAZON)やターゲット(TARGET)などで可能だ。

ロビーのスタイリストのアンドリュー・ムカマル(Andrew Mukamal)によるバービーをイメージした衣装を時系列に振り返るほか、世界的に著名なファッションフォトグラファーのクレイグ・マクディーン(Craig McDean)が撮り下ろした未公開ルックを掲載する。また、衣装デザイナーによるデザイン画やロビーがフィッティングする様子を撮影したポラロイド写真、ロビーやスタイリストのムカマル、デザイナーらのコメントも収録している。アートディレクションはファビアン・バロン(Fabien Baron)が務めた。

ほかに、過去にロビーが着用した衣装も盛り込む。「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」のドレスや「ヴェルサーチェ(VERSACE)」が1994年発表したミニドレス、2024年ゴールデン・グローブ賞の授賞式で登場した「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」のドレスなど。なお、これは1977年に発売されたバービー人形のドレスを再現したものだ。

同作はアメリカで23年7月、日本で同年8月に公開されたが、同時期にアメリカで起きた映画俳優組合-米テレビ・ラジオ芸術家連盟(SAG-AFTRA)と全米脚本家組合(WRITERS GUILD OF AMERICA)のストライキにより、グローバルプレスツアーが打ち切りになったため、ロビーがイベントで着用予定だった衣装の多くがお蔵入りとなっていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。