ファッション

マーゴット・ロビーはバービー人形をオマージュしたドレスで「ゴールデン・グローブ賞」へ 人形はアマゾンで完売


映画「バービー(Barbie)」に出演し“バービー旋風”を巻き起こしたマーゴット・ロビー(Margot Robbie)は、1月7日の「ゴールデン・グローブ賞」授賞式にビビッドなフューシャピンクのガウンで登場した。このドレスは「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」のもので、光沢感があるボディーとボリューミーなショールがユニークだ。実はこのドレス、ビンテージのバービー人形にインスピレーションを受けている。


マーゴットが着用した鮮烈なピンクルックは、1977年に大ヒットしたバービー人形をほぼ忠実に再現したもの。インスピーレーション源となったバービー人形は50年前、煌びやかなディスコ・グラマーの“スーパースター時代”の幕開けを飾ったリミテッド版だ。マテル社によると、77年のバービー人形は、映画「バービー」でマーゴットが演じたように夜を踊り明かし、街をピンクに染めるために作られたとのことで、シルキーなサテンにディスコボールを反射させるダイヤモンドのアクセサリーが組み合わされている。マーゴットの衣装は、バービーの絶頂期を想起させるだけでなく、作中のパーティーシーンをほうふつとさせる。


さらにこのドレスは、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」2022年秋のランウエイからもインスピレーションを得ている。ランウエイルックではバービー人形のようなサテンではなく、光をキャッチするスパンコールのボディーに、ルックを縁取るふわふわのピンクのボアが印象的だ。

元ネタとなったバービー人形はアマゾンで販売されていたが、現在は完売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。