ビューティ

「ゴールデン・グローブ賞」から見るメイクトレンド カギはヌードリップ×ボールド眉のグッドバランス


米・ロサンゼルスのザ・ビバリー・ヒルトン・ホテルで開催された第81回「ゴールデン・グローブ賞」では、今年もセレブ達がドラマチックなメイクアップとドレスをまとって登場した。レッドカーペットを席巻する意外なビューティ・トレンドとして注目したいのはずばり、ヌードリップだ。

ヌードリップといえば1980年代に流行したコンシーラーリップを思い浮かべるかもしれないが、セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)やアリソン・ウィリアムズ(Allison Williams)らスター達がレッドカーペットで選んだのは、ソフトでありながら主張性があるリップカラー。例えばセレーナのメイクアップアーティストである、メリッサ・マーディック(Melissa Murdick)は、「レア・ビューティ(RARE BEAUTY)」の“リップスフレ・マット・リップクリーム”のヌードピンクカラー“カインドネス”をチョイスした。

ヌードリップの魅力は、肌の色や服装を選ばない万能性にあるようだ。ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)はストライプのボタンダウンとオーバーサイズのブレザーに、トーストピンクのシェードを合わせた。スカイ・ジャクソン(Skai Jackson)は、きらめくシルバーとブラックのガウンにキャラメルトーンを合わせ、華やかさを演出した。

エリザベス・デビッキ(Elizabeth Debicki)、カミラ・モローネ(Camila Morrone)、クリステン・ウィグ(Kristen Wiig)は、ニュートラルなリップカラーをさまざまなメイクアップ・ルックに取り入れた。エリザベスは、アンティーク・シルバーのドレスにアクセントを添える褐色のチークにエフォートレスなピンクを選び、米「WWD」スタイル・アワードのベスト・メイクアップ賞を受賞した。カミラはモーヴなリップをまとい、アイメイクとのバランスをキープ。クリステンはヌードリップに重めのアイブロウを合わせて強さを演出した。

彼女達のリップスティックは、ドラッグストアで購入できる手頃なブランドから、プレステージブランドまでバラエティーに富む。マットなものから艶やかなものまで、質感もさまざまだ。メイクアップ・アーティストのジェナ・クリスティーナ(Jenna Kristina)は、アリソン・ウィリアムズ(Allison Williams)のリップメイクに「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」のアイテムを2種類使ったと言う。モリー・R・スターン(Molly R. Stern)は、グレタ・ガーウィグ(Greta Gerwig)に「パットマクグラスラブス(PAT MCGRATH LABS)」のリップを複数組み合わせて使った。

「ゴールデン・グローブ賞」のメイクルックによれば、ポイントとなるのは大胆で印象的な眉。肌のトーンや髪の色に関係なく、はっきりとした眉とヌードリップで、トゥーマッチになりすぎることなく目元の印象を強めてくれるのだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。