ファッション

創立50周年を祝うWIF「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞」は俳優のヤラ・シャヒディ

マックスマーラ(MAX MARA)」がスポンサーを務めるWIF(ウィメン・イン・フィルム)は11月30日、エンターテインメント業界におけるジェンダーの平等性と公平性を推進する活動の一貫として、その創立50周年を祝うWIFオナーズをロサンゼルスで開催した。

2023年度WIF「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー賞」には俳優のヤラ・シャヒディ(Yara Shahidi)を選出。今回の賞では、映画界におけるシャヒディの演技とプロデュース力、誰一人排除せず平等であるための取り組み、そしてスタイリッシュで気品あふれる彼女自身を讃えた。

WIFは1973年に“Women In Film, Los Angeles”として設立。映画業界における女性のキャリア促進を支援することで男女平等を実現し、文化を変革していくことを目的とした組織だ。“女性に捧げる”ファッションというポリシーを貫く「マックスマーラ」は、毎年ロサンゼルスで開催されるWIFで、映画やテレビ業界での仕事や一般社会への貢献を通じてキャリアの転機を迎えている女優に「マックスマーラ フェイス・オブ・ザ・フューチャー」賞を贈っている。

シャヒディは、子役としてキャリアをスタート。エミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたドラマシリーズ「ブラッキッシュ(Black-ish)」で注目を集め、現在はそのスピンオフである「グロウニッシュ(Grown-ish)」の主演と製作総指揮を務める。エンターテインメント以外では社会活動家としての顔も持ち、「タイム(TIME)」誌の“最も影響力のあるティーン30人(The 30 Most Influential Teens of 2016)”、「フォーブス(FORBES)」誌の“30歳以下の30人(30 Under 30)”、「ブリティッシュ ヴォーグ(BRITISH VOGUE)」誌の“変革を目指す勢力(Forces for Change)”など数々の賞賛を受けている。18年には若者に政治参加を呼びかける団体ウィー・ヴォート・ネクスト(We Vote Next、設立当初はEighteen x 18)を設立。これまで、アンジェラ・デイヴィス博士、オバマ元大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官など数多くの思想的リーダーと対談した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。