ファッション

「ショット」と「リー」がコラボ デニムジャケットとパンツを発売

米国のレザーブランド「ショット(SCHOTT)」は2024年1月1日、デニムブランド「リー(LEE)」とのコラボアイテムを発売する。オンラインストアは1日12時から、路面店は2日から取り扱う。ジャケットとパンツの2型を用意する。

同コラボは、「ショット」の“100年以上続く両ブランドの長い歴史の中でコラボレーションが存在していたら”という発想で実現した。

デニムジャケット“101J”(ワンウォッシュ:3万5200円、ユーズド:3万9600円、3サイズ展開)は、「リー」の名品の“101J”に、伝統的な仕様は残しつつも、「ショット」オリジナルロゴのレザーネームやレザーネームを剥いだような跡を加えた。フィットはレギュラーシルエットで、オーバーサイズのトレンドからややコンパクトにサイズが移行している、昨年のトレンドを押さえた程よいシルエットに仕上げた。

デニムパンツ“101Z”(ワンウォッシュ:3万800円、ユーズド:3万5200円、4サイズ展開)は、「リー」の代表作である“101Z”に、「ショット」らしいブラックのレザーパッチやモノクロのフラッシャーなどアレンジを加えた。シルエットは太すぎず細すぎないレギュラーストレート。さらにポケット口の両端に施されるX字の補強ステッチ“スレッドリベット”は、馬鞍やイスなどを傷つけないよう金属リベットに代わって考案された「リー」ならではの仕様になっている。

ジャケット、パンツどちらの生地も、13.6オンスのしっかりとした肉感のセルビッジデニムで、紡績、織り、染め、加工の工程を日本で行なっている生枠のジャパンデニムを採用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。