ファッション

「サイ」×「コンバース」と「サイ」×「リー」が同時発売 スニーカーやデニムなど

サイ(SCYE)」は「コンバース(CONVERSE)」と初のコラボレーションで、スニーカー“ジャックパーセル / SC”(1万9800円)を発売した。同アイテムは、ユナイテッドアローズ他、「サイ」取扱店で販売中だ。

“ジャックパーセル / SC”は、1980年代にリリースしたパイル生地仕様の“ジャックパーセル”がベース。アッパーはブラックのパイル生地にホワイトステッチが効いたデザインで、アイコニックなヒールラベルはゴールドで表現した。通常はレッドのアウトソールロゴはイエローに変更し、インソールには“CONVERSE”と“Scye”のダブルネームをプリントした。ブラックとホワイトの2色のコットンシューレースを付属しておりアレンジも楽しめる。サイズは22.5〜29cmを用意する。

同ブランドは同時に、アメリカのジーンズブランド「リー(LEE)」とユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)との3者共同制作で“ロコ ジャケット(LOCO JACKET)”(3万5200円)、“カウボーイ パンツ(COWBOY PANTS)”(2万9700円)、“ワーク シャツ(WORK SHIRTS)” (2万8600円)の3型を発売した。

鉄道工員用の“ロコ ジャケット”がベースのワークジャケットは、腕周りの可動域が広がるピボット・スリーブを袖に採用し、ストレスフリーな着用感を実現。アイコニックなふくらみのある“なすび型”ポケットや2本針の丈夫な縫製はそのままに、10.5オンスの「リー」オリジナルジェルトデニムで仕立てた。

“ワーク シャツ”は、1940年代の“リー ワーク シャツ”をベースに、「サイ」のパターンで再構築したデザイン。ジャケット同様、動きを考慮したパターンワークで快適な着心地を実現する。素材は7オンス白耳のライトオンスデニムを使用している。

“カウボーイ パンツ”は、40年代の“101Bタイプ”をベースにしたワイドストレートデニムで、素材は“カウボーイ”モデルを忠実に再現した14オンス白耳右綾デニムを使用。部品には、第二次世界大戦さなかの物資統制時に使用していた鉄製のドーナツ型月桂樹ボタンや股補強用のクロッチリベットを採用した。

3型には共にビンテージ加工を施し、コラボの証である「サイ ベーシックス(SCYE BASICS)」のユニオンチケット、小さな”サイ”をプリントしたフラッシャーが付属する。ユナイテッドアローズのメンズ取り扱い店舗で販売中だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。