ビジネス

ユニクロ11月売上高が10%増 「アニヤ・ハインドマーチ」など話題のコラボがけん引

大手専門店の2023年11月度の既存店売上高は、おおむね前年同月を上回った。前半は高温で苦戦したものの、後半は気温の低下に伴い、アウターや防寒衣料に動きが出た。

中でも好調だったのがユニクロだ。国内ユニクロの売上高は10.0%増と3カ月ぶりに前年同月を上回った。既存店客数も6.0%増と8カ月ぶりにプラスに転じた。11月後半から毎年恒例の大型セール「感謝祭」を実施し、ヒートテックやフリースなどの防寒衣料が活発に動いた。また「アニヤ・ハインドマーチ」や「ちいかわ」といった話題性のあるコラボ商品の発売も「売り上げをけん引した」(同社広報)という。

「無印良品」を運営する良品計画も売上高は22.6%増と大幅に伸びた。11月6日まで実施した会員向けセール「無印良品週間」が寄与した。ただ全体をリードしたのは、スキンケアやキッチン用品などの生活雑貨部門で売上高は38.0%増。それに比べると、衣料・雑貨部門の売上高は8.4%増と控えめだった。

しまむらの「ファッションセンターしまむら」は20日締めのため、高温の影響を受け、売上高は4.3%増にとどまった。こちらも創業70周年のセール「大創業祭」が好調で、アウターや肌着がよく売れた。

アダストリアの売上高は6.2%増だった。ニットや暖かい素材のパンツが男女共に人気で、「グローバルワーク」「ニコアンド」「スタディオクリップ」など主力ブランドに貢献した。

ユナイテッドアローズの売上高は18.2%増と高い伸び率だった。販促キャンペーンが奏功し、アウター、マフラー、手袋など冬物の動きが本格化した。客数も13.1%増と大幅な伸びで、4カ月ぶりにプラスに転じた。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。