ファッション

「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2024」が開催 テーマは「SOURCE」で12会場で13の展覧会

国内外の作家の写真作品を、京都の歴史的建造物や近現代建築の空間に展示する「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真際(以下、KYOTOGRAPHIE)」が2024年4月13日〜5月12日に開催する。

12回目を迎える「KYOTOGRAPHIE」のテーマは「SOURCE」で、12会場で13の展覧会を展開する。源、始まり、起源を探求し、オルタナティブ(新た)な未来の姿を見つめるきっかけとなる作品が展覧される。メインプログラムにはクラウディア・アンドゥハル(Claudia Andujar)、ヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)、ティエリー・アルドゥアン(Thierry Ardouin)、バードヘッド(Birdhead)、川田喜久治の他、ケリングの「ウーマン・イン・モーション」に賛同する世代の異なる写真家が共通テーマのもとに展示空間を作るプログラムには、川内倫子と潮田登久子が展示を行なう。

また、メインプログラムの他にこれから活躍が期待される作家を発掘し支援する「KG+2024」も開催する。公募は2023年12月31日まで受け付けている。昨年、スタートした音楽祭「KYOTOPHONIE」は「KYOTOGRAPHIE2024」の会期に合わせて週末に開催する予定になっている。

■KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2024
会期:2024年4月13日〜5月12日
会場:京都市内各所
公式サイト:https://www.kyotographie.jp/

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。