ファッション

「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」展開催 藤原ヒロシがプレイリストを作成

展覧会「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」が12月9〜2024年2月25日の期間、六本木ヒルズ森タワー52階で開催される。入場料は、一般・大学生・専門学生が2200円、中高生が1700円、小学生が700円で、事前予約制を設けている。

キース・ヘリング(Keith Haring)は、1980年のアメリカ美術を代表するアーティスト。1980年代初頭に、ニューヨークの地下鉄駅構内で使用されていない広告板に絵を描く“サブウェイ・ドローイング”で脚光を浴びる。ヘリングは、“アートはみんなのために”という信念のもと、日常にアートを拡散させることで、混沌とする社会への強いメッセージを発信してきた。

本展では、社会に潜む暴力や不平等、HIV・エイズに対する偏見と支援不足に訴え続けた、ヘリングのアートを体感することができる。会場では、アイコニックなモチーフから6メートルにも及ぶ大型アートまで、約150点を展示し、ヘリングの作品を塗り絵で楽しむことができるワークシートを配布する。ワークシートは、展覧会公式サイトでも入手可能だ。

また、アートの魅力を発信する動画クリエイターの“耳で聴く美術館(Avi)”をアンバサダーに迎え、同展覧会の見どころをティックトック、ユーチューブ、インスタグラムで発信する。さらに、音楽プロデューサーの藤原ヒロシがスペシャルなプレイリストを作成。「ヘリングの時代」をテーマに、全6曲を集結しスポティファイで聴くことができる。

アート動画クリエイター、“耳で聴く美術館(Avi)”は、1992年大阪府生まれ。 「心が震えるアートの話をしよう」をテーマに、動画プラットフォームを起点にアートの魅力を紹介。大学で美術教育を学び、教員資格も持つ。 大学卒業後は一般企業に就職するが、好きなアートを自由に発信することを目指し独立。 キャッチーな表現と分かりやすい解説、柔らかなボイスでフォロワーを伸ばし、アートの間口を広げた。現在抱えるフォロワー数は40万人を超える。

■「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」

期間:12月9〜2024年2月25日 ※会期中無休
場所:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木ヒルズ森タワー52階
時間:日〜木曜日 10:00〜19:00 / 金・土曜日 10:00〜20:00 ※12月31〜2024年1月3日は11:00〜18:00
※最終入場は閉館の30分前まで
入場料:一般、大学生、専門学生 2200円 / 中高生1700円 / 小学生700円
※事前予約制(日時指定券)
※未就学児は無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。