ファッション

エディフィス×米「ショット」×「マーカウェア」 ライダース“ワンスター”をMade in USAでアレンジ

エディフィス×「ショット」×「マーカウェア」のライダースジャケット“ワンスター”(17万6000円)

2024年に30周年を迎えるエディフィスは、ライダースジャケットを主力とする米国のレザーブランド「ショット(SCHOTT)」、日本ブランド「マーカウェア(MARKAWARE)」とタッグを組んだトリプルコラボ商品を発売する。

「ショット」のアイコンモデル“ワンスター”をベースとし、「マーカウェア」があらためてパターンメーキング。オリジナルに比べ、ややゆとりのあるシルエットに仕上げた。また肩のエポーレットや裾のベルトを排し、モデル名の由来である星型スタッズを背中に配置したミニマルなデザインだ。さらに両脇にファスナーを配し、フォームや着こなしの変化を楽しめる仕様に。

素材は柔らかなラムレザーで、メード・イン・USA。カラーは黒のみで、価格は17万6000円だ。12月1日正午から予約を受け付け、1月3日に販売する。エディフィスと「マーカウェア」の店舗および公式オンラインストアで扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。