ファッション

YKKファスニングアワード、グランプリは大阪文化の敷矢大輔さんと文化服装学院の西野陽光さん

YKKはこのほど、学生を対象としたファッションデザインコンテスト「YKKファスニングアワード 2023」の受賞者を発表した。アパレル部門のグランプリは大阪文化服装学院の敷矢大輔さん、ファッショングッズ部門は文化服装学院の西野陽光さんが受賞した。グランプリ受賞者には賞金100万円、優秀賞には20万円、特別賞には10万円などが贈られる。

「YKKファスニングアワード」は学生向けのコンテストとしては日本最大級のコンテストで、今年で23回目。今回は全国66校から9518点(アパレル7815点、グッズ部門1703点)の応募があった。YKKファスニングアワードの歴代受賞者には「フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)」の丸龍文人(第3回優秀賞)デザイナーらがいる。

審査員はアーティストの舘鼻則孝、「ソマルタ」の廣川玉枝、デザイナー/モデリストの坂口英明、デザイナーの藤田恭一、アーバンリサーチの村手謙介「バイヤーズセレクト」ブランドマネージャー、村上要「WWDJAPAN」編集長、大谷裕明YKK社長が務めた。

全受賞者は以下の通り。

■第23回「YKKファスニングアワード」受賞者

アパレル部門
グランプリ:敷矢大輔(しきや・だいすけ、大阪文化服装学院)
優秀賞:石野隼斗(いしの・はやと、東京モード学園)
審査員特別賞:佐野想(さの・そう、名古屋モード学園)
YKK特別賞:白川黎(しらかわ・れい、上田安子服飾専門学校)

ファッショングッズ部門
グランプリ:西野陽光(にしの・あさひ、文化服装学院)
優秀賞:常川遼太(つねかわ・りょうた、東京モード学園)
審査員特別賞:川合涼花(かわい・りょうか、杉野服飾大学)
審査員特別賞:YU YIWEN(う・いぶん、杉野服飾大学)
YKK特別賞:朱靖心(しゅ・せいしん、文化服装学院)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。