ファッション

「リーバイス」“501”の150周年記念 手描きのモデルを501本限定発売

リーバイス(LEVI'S)」はこのほど、今年で150周年を迎えたアイコンジーンズ“501”のアニバーサリーモデルとして、手書きの“1955 ハンドドロー 501”を501本限定で発売する。11月29日にリーバイスレッドタブ会員限定で先行販売し、11月30日にリーバイス原宿フラッグシップストア、リーバイスストア大阪、リーバイスストア新宿および公式ECサイトで発売する。価格は7万4000円。

本アイテムは、デッドストックのコーンミルズ社のホワイトオーク製の赤耳セルビッジデニムを使用し、ツーホースパッチやボタン、パッケージ、そしてレッドタブに至るまで、象徴的な全てのディテールが人の手により丁寧に描かれている。1955年の手描きのディテールを持ち、1950年代の刺激的なバイカーたちに敬意を表し、シートのカットをゆるく、脚まわりにゆとりを持させ、全体的にボクシーなシルエットに仕上げた。付属のトートバッグにも手描きのロゴが描かれている。

ポール・オニール(Paul O’Neill)リーバイス ビンテージ クロージング デザイン・ディレクターは、「“501”の生誕150周年を記念し、その象徴的なブランディングを祝して、私たちのお気に入りの歴史的な“501”フィットのひとつに全てのグラフィック要素を手描きで表現するのは面白いだろうと考えた」「クラシックな”1955 501ジーンズ”のフィット感と機能を提供しながらも、一本一本がユニークで、そして少々いびつで、少し大雑把、そんなアイテムを楽しんでもらいたいと思っている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。