ファッション
連載 ファッション&ビューティパトロール 第23回

小林幸子が原宿降臨 「LFYT」「週刊少年チャンピオン」とコラボし“ラップT”に

無料で読める

ラスボスが原宿に降臨する――。聞き慣れない言葉に取材班は耳を疑った。ラスボスとは、紅白歌合戦の豪華絢爛ド派手な衣装をきっかけに、ネット界隈から“ラスボス”と呼ばれるようになったあの演歌歌手、小林幸子さんだ。10歳でデビューし、来年には芸能生活60周年を迎える大ベテランにもかかわらず、ボカロを歌い、コスプレフェスに参加するなど、新しいことに常にポジティブ。そんな幸子さんが、なんでも、コラボファッションアイテムのローンチパーティーに顔を出すらしい。われわれはすぐに裏原宿に飛んだ。そこで見たラスボスの神対応とは?(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月6日号からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

漆黒のロールスロイスで到着!

ストリートブランド「エルエフワイティー(LFYT)」と漫画「週刊少年チャンピオン」とのコラボレーションアイテムのリリースパーティーが行われたのは、裏原宿に構えるセレクトショップ「ラファイエット トウキョウ(LAFAYETTE TOKYO)」だ。予定を40分ほど回ったところで、黒塗りのロールスロイスが細道をこちらに向かってきた。間違いない、“ラスボス”だ。店前に止まったロールスロイスの観音扉が開くと、中から史上初(?)ラップTを着た幸子さんが登場。待ちわびたヘッズたちから黄色い歓声が漏れる。

名曲「千本桜」で店内はヒートアップ!

店内に足を運ぶと、待ってましたとばかりに、ボカロの名曲「千本桜」をDJプレー。右手を突き上げてオーディエンスを煽る幸子さんの姿を目に焼き付けるのは、ストリートにいるヘッズたちだ。「こんなに多くの若い子たちがいてくれて、びっくり」と幸子さん。

この続きを読むには…
残り1072⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。