ファッション
連載 今週の学生に読んでほしい記事3選 第13回

人気絶頂「エピヌ」休止宣言のワケ、パリコレ「ミュウミュウ」の現場はどうだった?

有料会員限定記事

この連載は週に一度、「WWDJAPAN Digital」に掲載した記事から学生に読んでほしいものを厳選し、記者のコメント付きで紹介するものだ。今回は若者に人気のブランド「エピヌ(EPINE)」の休止宣言を受けて、創業者を直撃したインタビューをはじめ、編集統括が“スマッシュヒット”と語る「ミュウミュウ(MIU MIU)」のレポート、「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)」の毎日ファッション大賞受賞の3つの記事を掘り下げる。ニュースの読み方を知るとともに、面接やビジネス会話のヒントになれば幸いだ。

(この記事は無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

【記事1】
人気ブランド「エピヌ」が突然のブランド休止宣言、
渦中の創業者2人に直撃インタビュー

インスタグラム発の人気ブランド「エピヌ(EPINE)」が10月12日夜、2人の創業者である山本彩也架(@ayayaka1019)と鈴木舞(@ym14me)のインスタグラムアカウントで突如、1年後の2024年11月21日にブランドを休止すると発表した。人気絶頂のタイミングでの、突然の休止宣言。「エピヌ」に何があったのか。創業者2人に直撃した。(全文はこちら

【記者の解説】

「エピヌ」はこの数年、20歳前後の女性の間で流行している「フレンチガーリー(フレガリ)」の人気ブランドの一つ。創業者の2人山本彩也架CEOと鈴木舞COOと公式アカウントを通じて、ファンを広げてきた。自社ECとリアル店舗で販売し、年間売り上げは2022年11月期で10億円、23年11月期はさらに増える見込みで、ビジネス自体は順調に拡大していた。「突然の休止宣言」にはこのままビジネスを拡大するより、ファンの支持を得られた状態のまま、一旦ブランド自体を休止し、新しい道を模索する時間を作ることになる。その判断は、ゼロからブランドを作り上げてきた起業家ならではの勘の鋭さの現れと言える。(横山泰明/編集部記者)

【記事2】
「シャネル」の華やかさ、「ミュウミュウ」のガーリー、
「キコ」のファッション熱【2024年春夏パリコレ取材24時 vol.8】

この続きを読むには…
残り1021⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。