ビジネス
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

アトモス創業者・本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「スニーカーはアメリカ経済の物差し」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。大学時代を米フィラデルフィアで過ごした本明さん。そのフィラデルフィアを中心に連日、集団略奪事件が横行している。狙われるのは、衣料品や薬、アップル製品など。スニーカーも盗難が増え、リセール市場で取り引きされているのが盗難品だったということも。今回は、スニーカー市場から見るアメリカ経済の話。最近はエンジェル投資家としても活動する本明さんから、出資してもらいたい人への朗報も。

――本明さんが大学時代を過ごした米フィラデルフィアで、若者約100人の集団がショッピングセンターなど数十カ所に押し入った略奪事件がニュースになっています。アメリカ全土で盗難被害が急増していて、米小売り大手の「ターゲット」は、4州で合計9店舗の閉店を発表しました。

本明秀文・アトモス創業者(以下、本明):景気が悪くなると犯罪が増える。アメリカのスニーカー業界で働く古い友人たちは、万引きがとても増えたと言っていた。アメリカは、もし店員が万引き犯や強盗犯と遭遇しても、撃たれる可能性があるから簡単に防げない。スニーカーなんかは客が試着したいと言って、バックヤードからいくつかサイズを持ってきてもらったところで、そのまま持って逃げちゃうこともある。過去にニューヨークの5番街57丁目にあったナイキショップは、万引き被害が多過ぎて閉店した。従業員も盗むし、めちゃくちゃ。で、その盗んだ商品を足がつかないように路肩で売ったりするから、同じモノでも路肩で買った方が安い。経済格差が広がって、モラルが無くなってきた。

――ニュースの映像だと店の窓ガラスが割られ、店内が荒らされ、リアルなゴッサム・シティ(「バットマン」の架空の犯罪都市)みたいでした。

この続きを読むには…
残り968⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。