ファッション

「ランバン」2015年春夏パリメンズ “完全”を目指し加えた“不完全”

 「ランバン(LANVIN)」の2015年春夏メンズ・コレクションは、半年前のコレクションから一転。メゾンが“フラッシュカラー”と呼んだヴィヴィッドなネオンカラーは完全に影をひそめ、深いブルーからネイビー、ブラックが台頭。そしてプルオーバータイプのトップスは、正統派のジャケット&パンツに。さらには自身がけん引したボリュームシルエットも潔く改め、Iラインの細くて長いフォルムを骨子とした。

 「コレクションを『クラシカル』と表現してもいいと思う。特に今シーズンは、斬新なアイテムを考案したワケでもない。メンズのファッションは、毎回激変する必要がない。今回は特に、スーツを現代の生活にとって“完璧”なものにしたかった」とメンズデザイナーのルカ・オッセンドライバーは語る。

 “完璧”を求め加えたのは、“不完全”の要素。例えば、ファースト・ルックのボックスシルエットのジャケットは、ノーライナーで。どのメゾンのそれよりも歩くたびに軽快に揺れる。「自転車にも、メトロ(地下鉄)にも乗るんだから、洋服は機能的で軽くなければならない」と考え、昔は“完璧”のために加えていたライナーを取り去り、あえて“不完全”にすることで、現代の生活に沿うよう配慮した。また、ジャケットルックにはスカーフを多用。ネクタイを用いないのもまた、現代の“完璧”を求めるべく、過去のスタイルを崩したアイデアの一つだろう。

 後半は、ジャケットの下にブルゾン、さらにシャツのレイヤードルック。しかし、3枚のトップスを羽織ってもレイヤードは横に広がらず、Iラインをキープする。「ほとんどパジャマのようなアイテム」という、ハリコシのない、重力に従い下に垂れる光沢生地を多用したためだ。シャツやブルゾンは、ウエストをエラスティック(ゴム)にしたパンツにインしたり、太いベルトでウエストマークしたり、ブルゾンの裾にあしらった太いリブでギュッとウエストマークすることでシンプルなラインを崩さない。過去の“完璧”なフォルムを再現しつつも、洋服の一部を改良し、一般的だったルールから少し逸脱して“不完全”にすることで、それがモダンのエレメントとなっている。エレガント、でも快適。「ランバン」が追い続ける哲学が、よりメンズの本質に近付き表現されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら