ファッション

「ラフ・シモンズ」2015年春夏パリメンズ 不気味な闇の中で見せたキッチュなジャポニズムモチーフの真意は?

 「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」2015年春夏メンズ・コレクションは、「フラッシュ撮影禁止」のインフォメーションとともに会場が暗転し、ショーがスタートした。たよりになる明かりは、赤いライトのみ。笛と太鼓で奏でられる音楽も相まって、会場はまるでお化け屋敷のような不気味な雰囲気だ。

 コレクションは春夏にもかかわらず、暗い会場の中に溶け込む深いネイビーやボールドカラーが中心。インナーには、メッシュのタンクトップと和柄プリントのトップスをレイヤードした。ショールカラーがそのまま首元から背中にかけてセーラー服の襟のように垂れ下がったアウターがキーアイテムだ。背面に、赤富士のイラストや錦鯉の写真といったジャポニズムのプリントをパッチワークした。

 中には、「ラフシモンズ」「ラフ」といったカタカナのロゴ刺繍や「漂流者」の文字をのせたグラフィックも。シャツの胸元には、イニシャル「RS」のロゴワッペンをプラス。これらのモチーフは、暗闇とのコントラストによっていっそう目を引き、ロゴやモチーフをのせたキャッチーなアイテムが席巻した昨今のメンズのトレンドを皮肉っているよう。視覚に訴えるコレクションを強調したかったのか、ラフの真意はわからないが、スタンディング形式をとった会場内では来場者が目を凝らして、彷徨うように繰り返し行き交い“漂流”するモデルの姿を追いかけた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら