ファッション

「セリーヌ」表参道店が増床リニューアル 地下1階にメンズフロア

セリーヌ(CELINE)」は、表参道店のフロアを拡張し、7月29日にリニューアルオープンする。アーティスティック、クリエイティブ&イメージ・ディレクターを務めるエディ・スリマン(Hedi Slimane)による新しい建築デザインコンセプトを反映し、売り場面積を3フロア700平方メートルに増床する。

地下1階をメンズフロアとして新たにオープンし、プレタポルタエリアとレザーグッズ・アクセサリーエリアを設置する。1階には、レザーグッズとスモールレザーグッズを集積するほか、香水のコレクション“セリーヌ オート パフューマリー(CELINE HAUTE PARFUMERIE)”やジュエリーコレクションをそろえる。2階は、ウィメンズのプレタポルテコレクションを用意し、プライベートルームを含む2つのエリアに分ける。

各フロアには、エディ・スリマン自らがセレクトしたアートピースやファニチャーなどを用意し、らせん階段の中心にはアーティストのエレイン・キャメロン=ウィアー(Elaine Cameron-Weir)が制作した、銅とスチールの彫刻“スネークX”を飾る。このほか、クリス・サッコ(Chris Succo)やジョン・アイザックス(John Isaacs)による絵画、A カッセン(A.Kassen)、デイヴィッド・ナッシュ(David Nash)、エリザベス・アターベリー(Elizabeth Atterbury)、キャメロン・プラッター(Cameron Platter)による彫刻など、コンテンポラリーアートも展示する。

■セリーヌ表参道
オープン日:7月29日
住所:東京都港区北青山3-5-29

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。